リバウンドの原因とリバウンドしないためのダイエット法

短期ダイエット後にリバウンドはしないの?リバウンドしないコツは?

管理人が5キロダイエットに成功した秘密は?

↓  ↓  ↓

ポイント

短期ダイエット後にリバウンドはしないの?リバウンドしないコツは?

こんにちわ。管理人のノリコです。

 

短期間で行うダイエットの最大のデメリットとしてよく挙げられるのがリバウンドです。

 

リバウンド

 

経験者の実に6割以上もの人がリバウンドをしているといわれているんですよ。

 

本当は時間をかけて徐々にダイエットをする方が身体にかかる負担が少なくリバウンドもしにくいです。

 

でもどうしても1、2週間で体重を落としたい時ってありますよね。

 

そんな時はリバウンドしないためのコツをしっかり押さえてダイエットをしてくだい。

 

意識してダイエットを行うことで、リバウンドのリスクをぐっと抑えることができますよ。

短期ダイエット後のリバウンドの原因は?

リバウンドをしてしまう原因を2つ紹介します。

1.ホメオスタシス

 

ホメオスタシス

 

短期で減量をする際は食事制限によるダイエットが主になってくると思います。

 

食事制限はスタートさせた直後からすぐに減量できることが多いです。

 

ですので1、2週間の短期ダイエットを行った場合とても順調に体重が落ちたように感じます。

 

しかし問題は食事制限に身体が慣れたころから現れます。

 

身体にエネルギーが少量しか入ってこないと、足りないエネルギーを蓄えた脂肪を燃焼させることで補う状態が続きます。

 

するとこのまま脂肪を燃焼させ続けることに危機を感じ、代謝を落としてエネルギー消費を抑えたり、身体に入ってきた食事を出来る限り蓄えようとしてしまいます。

 

この環境の変化が起こると元の状態に戻そうとする機能のことをホメオスタシスとよびます。

 

2.レプチンの減少とグレリンの増加

 

食欲のコントロール

 

リバウンドをしないためにはダイエット後の食欲のコントロールが必要です。

 

食欲は、「レプチン」と「グレリン」の2種類のホルモンが絶妙なバランスをとることでコントロールされています。

 

それぞれの働きは以下の通りです。

 

レプチン…食事をした後に脂肪細胞から分泌されるホルモンで、満腹中枢を刺激する作用があるので満腹感を感じさせてくれます。

 

ということはレプチンが多ければその分食欲を抑えることができるので、暴飲暴食を防ぐことができます。

 

レプチンは脂肪が吸収されるときに分泌されるので、食事制限で脂質の摂取が少なくなると減ってしまいます。

 

グレリン…胃から分泌されるホルモンで、食欲中枢を刺激する作用があるので食欲が増します。

 

食事制限をするとグレリンの量が増えることが様々な研究で分かっています。

 

グレリンを減らしレプチンを増やすことがダイエット成功のカギです。

リバウンドをしないコツは?

短期ダイエットを行うにあたって、リバウンドしないためのコツをご紹介しますね♪

無理な目標をたてない

 

無理な目標

 

無理な目標は肉体的にも精神的にも負担が大きいです。

 

過激な食事制限によって栄養不足に陥ってしまったり、筋肉量が減ったりします。

 

さらに焦りなどからストレスも大きくなりダイエットには悪影響です。

 

ストレスが溜まるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。

 

このホルモンは脂肪を蓄える働きがあるので少量の食事でも痩せない・リバウンドをする原因になってしまいます。

 

そうすると努力が報われないことでさらにストレスが溜まり悪循環になります。

 

食事内容の見直しをする

 

食事の見直し

 

ダイエットが終わると「やっと好きなものが食べられる!」という思考になっていませんか?

 

食欲を我慢していた分、食に対する執着心が大きくなってしまうかもしれません。

 

しかしホメオスタシスが働いている状態で高カロリーな食事をすると今まで以上に身体に脂肪として蓄えてしまいます。

 

せっかくダイエットをしたのだからこれを機に食生活の見直しをしましょう。

 

特にジャンクフードや油物を多く摂取している人は消化器官に負担がかかり代謝が落ちるので避けるようにしましょう。

 

食事量もすぐに元の量に戻すのではなく徐々に増やしていくと良いでしょう。

 

ローカロリーでバランスの良い食事を心がけて下さいね。

 

良質な睡眠をとる

 

良質な睡眠

 

実は睡眠と肥満は密接な関係があります。

 

平均睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上の人よりも太りやすいという研究結果が出ています。 

 

睡眠時間が少ないとグレリンが多く分泌され、逆にレプチンの分泌が少なくなるので食欲が抑えられなくなるからです。

 

夜中に無性にお腹が空いて夜食を我慢できなかったという経験がありませんか?

 

過食を防ぐためには早寝をする習慣を付けましょう。

 

ダイエット以外にも美容・健康面でも良質な睡眠をとることは大切です。

 

ダイエットは期間や目標の体重を達成したら終わり!というものではありません。

 

実はそこからがスタートで減量するよりも現状維持することの方が大変なんですよ。

 

私も目的を達成してついつい気が緩みそうになりますが、運動不足の35歳ともなると代謝が落ち気を抜くとすぐにリバウンドしてしまいます。

 

そうならないためにも、カロリーコントロールはずっと続けています。

 

あなたもリバウンドをしないコツをしっかり押さえてダイエットを開始してくださいね。

関連ページ

5キロダイエット成功後のリバウンド対策は?
5キロ痩せることに成功したとしても、その後リバンドしてしまう人も多いです。ダイエット成功後にリバウンドをしない方法をご紹介しますね。せっかく頑張ってダイエットに成功したのですから、引き続き体型維持してくださいね。
1週間で5キロ痩せることは可能?リバウンドは?
痩せるためのダイエット法っていろんなものがあります。色んなダイエット法についてのメリット・デメリットを管理人が独自の視点で詳しくジャッジしていきたいと思います。自分に合って続きそうなダイエット法を是非探してみてくださいね♪