成長ホルモンで体脂肪の分解が進む!?

成長ホルモンで体脂肪の分解が進む?成長ホルモンの増やし方は?

管理人が5キロダイエットに成功した秘密は?

↓  ↓  ↓

ポイント

成長ホルモンで体脂肪の分解が進む?成長ホルモンの増やし方は?

成長ホルモンといえば背を伸ばしたり筋肉を発達させたりと子ども〜青年の成長期に分泌されるものだと思っていませんか?

 

実は中年〜高齢者もきちんと分泌されていて代謝に大きくかかわっているのです。

 

そして美肌にも成長ホルモンは欠かせません。

 

お肌の曲がり角を過ぎた35歳の私には成長ホルモンの分泌量は重要だということです!

 

しかし様々な原因で分泌量が減ったり働きが衰えたりするんです。

 

ここでは成長ホルモンの増やし方などを紹介しますのでダイエットの参考にしてください。

成長ホルモンの働きは?

成長ホルモンには主に「成長」と「代謝」をコントロールするという2つの働きがあります。

 

成長

 

身長を伸ばすというのが一番知られている作用でしょう。

 

幼児期〜成長期は最も成長ホルモンの分泌量が多く、骨細胞の分裂・増殖を促し身長を伸ばしたり骨格を大きくしたりします。

 

この身長を伸ばす作用は成長期が終わり成長ホルモンの分泌が減るにしたがって失われていきます。

 

成長させることから成熟した健康な体を維持するために働くようになるからです。

 

また、ケガや疲労回復をするのも成長ホルモンの働きです。

 

疲労・破損した体の組織や筋肉を修正し再生することで体を元の状態に戻したり、修復されることによってさらに大きくしたりするのです。

 

代謝

 

筋トレや短距離走などの無酸素運動、筋肉に負荷がかかる肉体労働をすると筋肉組織や細胞組織が破壊されることで修復・再生するために成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンは脂肪を分解する働きが強いホルモンです。

 

分解された体脂肪は血液中に放出されぐるぐると回っています。

 

たったこれだけで何もしなくても脂肪が燃焼されるのです。

 

しかし、もっと効率よく体脂肪を燃焼するには有酸素運動を行うことです。

 

有酸素運動を行う前に筋トレなどをして体脂肪を燃焼されやすい状態にすることで運動後すぐに体脂肪が燃焼され始めるのでより効果を実感することができます。

 

成長ホルモンの脂肪を燃焼させる働きは分泌後5〜6時間も持続するといわれています。

 

他にも肌の組織も修復・再生するので新陳代謝が活発になります。

 

すると血行が良くなり老廃物が流れやすくなるのでくすみや肌荒れ予防に期待できます。

成長ホルモンはいつ分泌されるの?

成長ホルモンの分泌量が最も多いのは「寝始めてから3時間」です。

 

私たちは寝ている間レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しています。

 

このうち深い眠りであるノンレム睡眠の時に成長ホルモンの分泌が始まります。

 

つまりただ眠るだけではなくて良質な深い眠りをとることが重要なのです。

 

ちなみにお昼寝は眠りが浅くなるので成長ホルモンの分泌は活発に行われません。

 

しかしレム睡眠もなくてはならないものですよ。

 

この間にその日の出来事や学んだことを頭の中で整理して記憶の定着を行うからです。

 

起きた時に朝日を浴び、同じくらいの時間に眠るなど睡眠のサイクルを確立し質の良い睡眠をとるようにしましょう。

成長ホルモンを増やすには?

夜ご飯は少なめに

 

通常は睡眠後3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになりますが血糖値が高い状態だと分泌が抑制されます。

 

そのため夜ご飯を食べすぎたり食べてすぐ寝た場合は血糖値が高いままで成長ホルモンが充分分泌されません。

 

また胃に食べ物が残っていると胃腸に負担がかかり眠りも浅くなってしまいます。

 

寝る3時間前には食事を終え夜は甘いものを控えましょう。

 

私はカロリー調節のためにも夕食は酵素ドリンクの置き換えダイエットをしていましたよ。

 

睡眠時にしっかり胃腸を休めることができるので、置き換えは夕食がオススメです。

 

質の良い睡眠をとる

 

成長ホルモンの分泌を増やすには眠る長さではなく質です。

 

寝る1時間前にはスマホやテレビを見るのはやめてストレッチをしたり瞑想をしたりしてリラックスしましょう。

 

また湯船につかり体を温めると寝つきが良くなります。

 

シャワーで済ませる場合も寝る前に足湯をすることで体が温まりますよ。

 

空腹時間を作る

 

空腹時に胃壁が刺激されると成長ホルモンが分泌されます。

 

逆に間食や過食でいつもお腹の中に食べ物が入っていると胃壁が刺激を受けず分泌量が減ってしまいます。

 

もちろん過度に空腹時間を長くとると体が飢餓状態を覚えて代謝が落ちたり糖尿病などのリスクを上げたりするので1日3食腹八分目で食べるのがちょうどよいです。

 

アミノ酸を積極的に摂る

 

アミノ酸の中にアルギニンといわれる栄養素があり、これは成長ホルモンの分泌を促してくれます。

 

アルギニンは豚ゼラチンや湯葉、鰹節などに多く含まれていますが毎日摂取するのはちょっと難しいですよね。

 

ですのでサプリで効率よく摂取するのがオススメです。

 

成長ホルモンとダイエットは深い関係があることを分かっていただけたでしょうか。

 

私は運動は出来なかったので生活習慣や睡眠前の行動で成長ホルモンの分泌を活発にさせていましたよ。

 

成長ホルモンは思春期をピークに加齢とともに減少してしまうので意識をして成長ホルモンの分泌を促す必要があります。

 

特にダイエットを考えるなら代謝をコントロールする成長ホルモンの分泌量はとても重要です。

 

いつまでも若々しくいるためにも日頃の生活を見直してみてくださいね。

関連ページ

5キロ痩せるためのダイエット法は男性と女性で違うの?
今の時代ダイエットは女性だけが行うものではありません。男性もエステやスポーツジムに通って外見上の自分磨きに一生懸命です。男女こぞってダイエットに興味がある昨今ですが、男女の性別差によってダイエット法に違いがあるのでしょうか。男女の身体の仕組みなどからその違いについてご紹介していきます。
1ヶ月で5キロ痩せるためには食事制限と運動どっちを優先?
短期ダイエットするなら、食事制限と運動どちらを優先すべきか悩む人もいるかもしれませんね。短期間で痩せたいなら食事制限と運動を同時に実践すべきです!ただ、時間的な制約もあるのでそういった方は確実に体重を落とすためにも食事制限を優先してみてください。
5キロ痩せるためにモチベーションを保つ5つのポイントとは?
痩せたいと思ってダイエットを始めたものの、長続きせず結局痩せることができなかったという経験をされた人も多いのではないでしょうか?ダイエットで一番重要なのはモチベーションの維持です。ダイエットを続けるためのモチベーションを維持するための5つのポイントをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
5キロ痩せるためにはどのくらい期間が必要なの?
5キロ痩せると見た目も随分と変わり細くなったと実感できることでしょう。5キロ痩せるためにどれくらいの期間が必要で何をすればいいのかご紹介しますね。代謝が落ちてしまっている人でも無理なく5キロダイエットに成功する食事制限法をご紹介します。
5キロダイエットに挑戦!変化が現れるのはいつ頃から?
ダイエットに挑戦し始めて、体重や見た目に変化が現れ始めるのはいつ頃からか気になる人もいますが、個人差がありますし、ダイエット法にもよるので一概には言えません。ただ、大体の目安、一般論として2週間程度を想定しておくのがいいと思います。そこから停滞期を迎えますので、停滞期をうまく乗り切って、目標体重目指して頑張ってくださいね。
短期間で絶対に痩せる裏ワザはある?
ダイエットを志す人は誰でも短期間で楽に痩せたいと考えてしまうものです。そして、体重を落とすことだけを考えて無理なダイエットに走り、結果としてダイエット前よりも体重が増えてしまうというリバウンドを経験することになる人も多いです。短期間ダイエットでは、健康的に痩せるということを意識して無理なダイエット法は止めましょう!
食事制限しても痩せないのはなぜ?原因と解決法
痩せたいと思って食事制限をしたものの、一向に体重が落ちないと悩んでいるあなた。間違った知識で食事制限を行っていませんか。この記事では、正しい食事制限の方法をご紹介していますので、思い当たる節がある人は食事法を改善してみてください。
運動すれば痩せると思っていたのは実は間違いだった!?
ダイエットしようと決心してウォーキングやスイミングといった運動を始める人も少なくありません。ただ、運動するだけでは痩せることができないということをご存知でしょうか。運動は確かに体を動かし汗をかくので達成感は得られますが、実はそんなに消費カロリーは多くないんです。運動に隠れた盲点についてご紹介しますね。
ダイエット成功者は実は食事で痩せているという真実!
ダイエット成功者というと皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?スポーツジムに通って運動している人や毎日ジョギングやウォーキングをしている人を思い浮かべるかもしれませんね。でも、実はダイエット成功者は食事をコントロールして痩せることに成功しているんです。ダイエット成功者の食事制限についてご紹介しますね。
炭水化物を減らせば痩せるって本当?それよりも恐ろしいのは・・・
炭水化物抜きダイエットって一時期流行りましたよね。ダイエットに関心がある人にとっては、炭水化物は敬遠しがちな食品です。しかし、炭水化物を摂りすぎるのと同じくらい摂らなさすぎるのも危険なことなのです!この記事では炭水化物との上手な付き合い方についてご紹介しますね。
誰もが糖尿病予備軍!食事はGI値の低い炭水化物を摂取しよう!
飽食の時代と言われて久しくなり、自分の好きなものを好きなだけ食べられる状況の中で、糖尿病予備軍が増えてきています。糖尿病がどんなに恐ろしい病気なのか、また糖尿病になってしまう原因は何なのかを知って、食べ物には十分注意しましょう。
血糖値が高い人ほど早く老ける!その仕組とは?
血糖値は健康面だけではなく、美容にも影響を及ぼすので、自分の血糖値がどうなのか把握しておく必要があります。血糖値が高いと「糖化」という現象によって老化が早まってしまいます。老化が早まれば、健康や美容はもちろんダイエットにとっても大敵です。血糖値をコントロールしていつまでも若々しさを保ちましょう!
ゼロカロリー飲料・食品は要注意!そこに潜む危険性とは?
ゼロカロリー飲料や食品って今では日常生活にかなり浸透していますよね。ゼロカロリーだから、ダイエット中でも摂取しても大丈夫って安心していませんか。ゼロカロリー飲料や食品って実は危険が潜んでいるんですよ!ゼロカロリー飲料・食品の危険性についてご紹介しますね。
栄養バランスを考えよう!食材選びの2つのルールとは?
健康的にダイエットを行うためには栄養バランスを考えた食生活を送ることが重要です。栄養バランスを上手にとるためには食材をうまく選ぶことが必要です。健康的な食事を摂るための食材選びについてご紹介しますので参考にしてみてください。
太る原因は「老化」と「栄養不足」にあり!
太ってしまうのは「老化」と「栄養不足」が原因と言われています。太る原因と言われている「老化」と「栄養不足」についてご紹介します。老化と栄養不足がどうして太る原因になるのか理解して対策をしっかりと立てればダイエットを成功させることができますよ。
睡眠不足は肥満の原因って本当?良質な睡眠をとるには?
睡眠不足は肥満の原因とよく言われています。睡眠不足で肥満になる原因としては3つ挙げられます。ダイエットを頑張っているのになかなか痩せないという人は睡眠が不足している可能性があります。生活を見直して良質な睡眠をとりましょう!
完璧主義だとダイエットに成功しないって本当なの?
ダイエットを行うに当たって厳密な計画を立てて、計画通りに運動や食事を実施する完璧主義の人がいます。計画通りに完璧に実施できればいいのですが、多くの人は計画通りに実施できず挫折してダイエットを諦めてしまいます。ダイエットは、適度な手抜きが必要になってくるのであまり神経質にならないようにしましょう。
冷え性はダイエットに不利?冷え性の人は何に気をつけるべき?
冷え性は万病の元とよく言われます。ダイエットを行うにあたっても冷え性の人だと普通の人よりも熱を作り出す必要がないので基礎代謝が下がるため痩せにくいというわけです。冷え性の原因や気をつけるべき点についてご紹介しますので参考にしてみてください。
チアシードの効果|効果的な飲み方や摂取時間は?
チアシードという食品をご存知ですか?チアシードは世界のスーパーモデルも食べているということで爆発的に人気になったスーパーフードなんですよ。チアシードのダイエット効果や効果的な飲み方、注意点などについてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
甘いものが食べたい!と思ってしまう原因は?実はあの栄養素が不足?
ダイエット中は食事制限をしていることもあって、無性に甘いものが食べたいと思うことってありませんか。甘いものが食べたいと思う原因はひょっとしたらエネルギー不足かもしれません。甘いものが食べたい原因と対策法をご紹介します。
ウエイトサイクリング現象とは?原因と対策方法は?
ウエイトサイクリング現象ってご存知ですか?ダイエットに関心がある方なら知っているかもしれませんね。ウエイトサイクリング現象がなぜ起きるのかその原因と対策、危険性についてご紹介します。リバウンドで困っている人は是非参考にしてみてくださいね。